2012_12
24
(Mon)00:01

C83新刊、闇下櫻人について(同人誌)

本、おまけ、サークルシート、諸々なんとか完了しました!
「帝都歴異妖者(こともの)奇譚 其ノ一 闇下桜人(あんかおうじん)」は、何事もなければ、C83、1日目、東2ホールR43aで、初お目見えとなります。
頒布価格は500円。おまけは「千代ちゃん栞」です。
今回の主人公、珠沙華(たまさか)と雨月(うげつ)を差し置いて、脇役の千代ちゃんの絵柄の栞です。千代ちゃん可愛いですよ!
千代ちゃんが主人公のお話も、そのうち書きたいなと思ってます。

「帝都歴異妖者奇譚」は、江戸城無血開城をきっかけに溢れ出した異妖者と呼ばれる、妖怪、魔物、幽霊等、不可思議な生き物が跋扈する世界が舞台のシリーズとなります。
下の方のブログで「綺譚」としていたのですが、気がつけば「奇譚」となっており、どわっと冷や汗をかいたのですが、冷静に見ると「奇譚」の方がしっくりくるかもしれないので、奇跡の誤字が正式タイトルとなりました。

「闇下櫻人」は、まだ帝都歴になって日の浅い元江戸である帝都を舞台に、名刀鍛冶、百雲(びゃくも)の孫である珠沙華と、江戸城で掃除屋と呼ばれていた男、雨月、そして、珠沙華が所持する不思議な刀の物語となります。
頒布が冬なのに、桜の舞う季節の話となっておりますのは大目に見ていただけますと助かります。
元々、濡れ場を書くつもりではいたのですが、全年齢でも大丈夫なテイストになるよう進めていたのに、別のところではしゃぎすぎてしまった結果、濡れ場もまあちょっとアレがナニでソレで、量はないけど、これは大丈夫じゃないかもみたいに思い直しましたので、最終的にぬるぬる成分はさほどでもないのですが、18禁とさせていただきました。
少々残酷なシーンが混ざってますので、そういったシーンが苦手な方は、ご注意いただいた方がと思います。

美麗な表紙と挿絵を描いてくださったのは、ましこひろみ様です。
データを拝見する度に変な声が出て大興奮しました。
というわけで、表紙をチラリと。

闇下櫻人の表紙一部

左が雨月。右が珠沙華です。
刀の位置が絶妙なエロさなのですよ……!
当日、是非、全体図をご覧いただければと思いますので、どうかよろしくお願いいたします!

トラックバック